読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもよしこ的日常

どつでもよしこさんと言うブログの毎日バージョンです。

発達障害の専門医に予約を入れた日。

うちの近所に、住民に、通称きたない八百屋と呼ばれてるお店があります。

ものすごい散らかっていて、八百屋さんだというのに、ドンキっぽい。ありとあらゆる場所に物が置かれ、店主のおじさんは、50センチくらいの通路でやっと奥へ行ける。で、野菜だけじゃなく、がんもどきとか加工品も売ってるので、衛生上大丈夫なんかなと思います。ただ、売ってるものに一貫性がなく逆に面白いので、みんなが散歩がてら寄り、不思議とつぶれないんですよね。

で。

トラックの中もかろうじて運転席に座れる感じ。多分、おじさんの家もそんな感じだと思います。

多分、おじさんには、片づける能力がもともと備わっていないのでしょう。

私もそうです。家は息子いわく、常識やぶりの家。ものすごく散らかっています。

私の母に息子の発達障害のことを話したとき、それはあなたが母親としての仕事をしていないからだ。という1番言われたくないことを言われましたが、

「あのきたない八百屋も、さぼってて、きたないんじゃないねん。気がついたらきたなくなってんねん。どうしようもないねん。」

と、言うと、そうやねそうやね。と、ものすごくナットクしてくれました。

前にも言いましたが、2月に会社でとあるできごとがあり、ようやく息子だけじゃなく、自分にも向き合おうと思いました。漫画に逃げずにね。でも今は、まず息子のことに取り掛かっています。

そのうち私も息子といっしょに治療を受けるつもりです。

で。

急にこういうブログをはじめたので、私が追い込まれているように見えますが、全然。そんなこと全くない。

私が言葉を扱う仕事をしているからでしょうか。

言葉がやっと出てきた3歳くらいからでしょうか。彼にはものすごい豊かな感性があることがわかりました。

だから。

1人で息子のことを考えているととても不安になりますし、書けていない答案を見ると恐怖すら覚えます。でも2人で話していると、とてもとても面白くて、そんな不安など吹き飛んでしまう。

きっと。いつか花開くときが必ず来る。

そう思ってわたしは毎日楽しく暮らしています。

昨日、発達障害の専門医に予約を入れ、来週行くことになりました。とても楽しみです。

彼が世の中ときちんとつながるために、できることは全てやるつもりです。

 

イカの姿握りだって。小さいイカやな。

 

 f:id:doudemoyoshiko:20170325102351j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんは、僕を飼ってるの?

昨日の続きです。

っとその前に。

表の方にちょっとリンクを貼ったところ、たくさんの方がこちらにも読者登録していただきました。ありがとうございます。

やっぱり読んでもらえるとうれしいし、ブックマークもとってもうれしい。

誰にも読んでもらえないのもさみしいな。っと思ってリンクを貼りましたが、昨日の夜、表の方のリンクを外しました。

表で1回だけ。しかも2日しか貼っていないリンク。それでもこっちに来てくれた方は、なんとなく、ずっと私の表ブログを読んでくれている人なんじゃないかと。

知らない仲(笑)じゃないんじゃないかな。と。

デリケートなテーマなので、限られた人に読んでもらえればそれでいいと思っています。

 

読んでいただいている方に感謝です。ありがとう。そう、全てはあなたのおかげです。

 

で。

 

 

叱りすぎて、息子から、とんでもない言葉が出てきたんです。

「お母さんは、僕を飼ってるの?」

そう。

もう、自分が情けなくて泣けました。

 

好きな仕事があって、いい夫がいて、賢い息子がいる。ほら、私って幸せでしょ。私は、自分を飾りたてるアクセサリーのように息子のことを思っていないだろうか。

 

私は、仕事ではなかなか人に勝てない。だからといって。

 

子どもは、スペックじゃない。

 

さらに息子が言う。

「僕はお母さんの奴隷じゃないんだ。」

 

ごめんね。

君には君の人生がある。だから君のペースで歩けばいいんだ。

 

そして。

 

中学お受験ママ友とはしばらく距離を置こうと決心したのでした。

 

今日は、2人で飲んでるわけじゃありません。

おかわりを頼んだら自動的におちょこもついてきただけです。。

f:id:doudemoyoshiko:20170323175347j:image

 

 

 

発達障害グレーゾーンの子どもを育てるということ。

昨年、小4息子の担任の先生からはっきりとグレーゾーンのことを告げられたとき、やっぱりそうか。って感じでした。そりゃショックでしたけど、ちゃんと言ってもらえてよかった。

幼児の頃は専門医に診せたことがあるのですが、経過観察で。

再度行った方ががいいとは思っているのですが、息子のプライドもあるのでなかなかです。でも春休みに入ったので、私が勉強する意味でも行こうかと思っています。発達障害っていっても色々あるだろうし、軽々しく口に出してはいけないこともわかってます。それに私が理解することで効果的なことをしてあげられる。それについてはまた書いていこうと思います。

で。何が起きているかというと。

まず、基本的な能力がとても低い。

運動にしても勉強にしても全てそうで、まあなんとかなるやろ。となんて思っていたけれど、そんなに甘くはなかった。

字が異様に汚くて手先が極端に不器用。人が言ってる言葉の理解もかなり遅い。まず文章が読めない。

なんというか、脳の伝達する部分が少し欠けてるというか。

全体を把握することができないんです。算数は、図形にしてもグラフにしても、計算以外はとても難しい。文章題は、まず何を聞かれてるかわからないので少し難しくなると解けません。

それに運動もどうやったら自分の体が動くかわかっていないような動き方をします。かわいいんだけどね。

低学年のうちはなんとかなるんですよね。みんな字が汚いし、勉強も難しくない。

でも、3年生くらいからだんだん授業についていけなくなり4年生で本格的に遅れはじめました。

でも、私は息子には何か才能があるような気がして。それは今も変わってなくて。

私のどうでもよしこさん表版の漫画を読んでる人ならわかってくれるかもしれませんが、彼、面白いんです。とっても。いつもなんだかハッとする発想がある。これってある意味才能なのできっといつか花開く時が来るんじゃないかと。ただ、遅咲きなのは間違いないな。と。

それに息子は素直で頑張り屋。勉強が得意ではないことは自分でもわかっていて、個別教室のトライに通って一生懸命頑張りました。

トライの個別教室の責任者の先生がおじいちゃんの優しい先生で、本当によかった。

算数は80点。国語は大体90点を取ってくるように。

小学校の勉強でそんなん当たり前って言われそうですが、でも当たり前のことが息子にはとても難しい。

運動にしてもそうです。まず、普通のお子さんができることができません。

幸いとっても野球観戦が好きだったので、せめて、キャッチボールくらいは出来ないとマズイなあと思って、近所のスクールに通わせました。スクールといっても本格的なベースボールクリニックで、周りはリトルリーグで活躍してる少年がさらにうまくなるためのところ。マンツーマンで息子に優しく指導してくれるところがそこしかなかったので、仕方なかった。でもさすがプロで、なんとかこの冬リトルリーグに入るくらいまで上達しました。

トライにしても、そのベースボールクリニックにしても、たどり着くまでにとても時間がかかり、色んな試行錯誤がありました。

それは何故か。

親である私の問題です。

私は、なぜか芦屋という高級住宅街に住んでいます。まあ生まれ育った場所がそこだから。という理由しかないのですが、周囲の教育水準はかなり高い。お医者さんや経営者のご子息がゴロゴロ。灘や甲陽など有名私立中学を受けるお子さんも多い場所です。

はっきり言います。

私は負けたくなかった。というか負けを認めたくなかった。

そう、息子がグレーゾーンであることを認めたくなかった。

悔しかった。

なぜなら。

私は、これまた、なぜか周りに高学歴者がゴロゴロいる会社で働いています。

なんでかってたまたま入った会社がそうで。

息子もそうなってほしい。と思ってしまう、

あと。

変な子育て情報に思い切り踊らされていたところもあります。何歳までに〇〇をさせなくちゃ手遅れ。とか。まるでお金と手間をかければ凡才も天才になるように親を脅す。そんなことありえないのに。

で。

人に負けることが悔しくて。それに自分が努力しきれてないことが悔しくて。(←これは働いてる母親独特の感情)

どうしても感情のコントロールができなくなっていました。ノイローゼ状態です。

なんでできないんだ。努力が足りないんじゃないのか。〇〇くんは簡単にできることがなんでお前にはできないんだ。アホだ。

ずっとずっと感情のままに息子を罵倒してしまうことが増えて、それで自分を責めて、でも繰り返してしまう。息子はそれでやる気をなくしてしまう。

息子はお母さんが大好きなのに。

この1年間というもの、私の人生にとって一番大事な息子の一番大事なところからずぅっと目をそらして、違うんだ違うんだやればできるんだ。今はやる気になってないからだ。っとずっと叱ってきました。

今でもそれは時々やらかしてしまう。

でも、グレーゾーンの子どもって、親でもそうと気づかないところもあるのも事実です。

夫に息子のことはもうあきらめろ。(いい意味で)と言われたときも、やっぱりあきらめられなかった。

で。いつものように叱ったある日。。(明日に続きます。)

 

(ちなみに、息子は私にそっくり遺伝。私もちょうど息子くらいの年に病院に連れていかれた覚えがあります。なぜか夫に似てくれると信じておりました。顔は夫そのまんまなんで。

どうでもよしこさんという私の漫画ブログは、実はこれが裏テーマ。あまりに生きづらくて、何かしないと本当につらかった。で、息子のことだけではなく、2月に仕事で許せないことがあり、このテーマに逃げずに向き合おうと思ったのがこの裏アカウントのきっかけです。徐々に書いていきます。)

 

 

ホタルイカは、寿司にしない方がいいね。

f:id:doudemoyoshiko:20170322102000j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでもよしこさんの、毎日アカウント始めました。

最近、ブログでこの商品紹介してよ。とか、仕事の方で頼まれることが多くなりました。

あと。自分の仕事を紹介したくなったり。。

でも、なんとなくどうでもよしこさんのスタイルは崩したくなかったので、こっちに裏アカウントを作ることにしました。

毎日フェイスブックでアップしてるようなことを書いていきます。

もっともっとゆるくて過激なベージになるかな。誰が読むねんつう感じですが、フェイスブック的な感じで使っていこうと思います。

これは曜日など関係なく、フラフラとアップしていきますんで、宜しくお願い致します。

 

今日は、ひたすら吸盤を見つめて酒を飲みました。

f:id:doudemoyoshiko:20170312155506j:image